英検2級

英検2級のレベルと試験内容

英検2級のレベルは高校卒業程度になります。
ちなみにTOEICなら540-640点くらいに相当します。
一次試験は筆記とリスニングになり、試験時間は筆記が65分、リスニングが25分です。
二次試験は面接形式のスピーキングテストになり、試験時間は6分です。


6月に実施される2016年度第一回検定より、一次試験に1級、準1級ですでに実施されているライティングが加わりました。
ライティング(英作文)とは、テーマについて英語で質問が書いてあり、自分の意見を英語で書くという出題形式です。ライティングの問題数は1問。

英検2級の合格点の目安と合格率

合格点の目安

2016年度第一回検定よりライティングが加わり、全体の問題数が変わるようなので、必然的に配点も変わると思われます。
現在、確認中です!

日本英語検定協会からのレターによると、配点という概念が無くなり、CSEスコアをもとに合否を判定するようです。

英検2級の合格点について(日本英語検定協会からのレター)

英検2級の合格点の目安は一次試験で満点の60%程度です。
得点に換算すると、英検2級の満点が75点ですから45点前後が合格ラインになります。
二次試験の方も満点の60%程度になります。

英検の新しい合否判定方法について、具体的な例を交えて説明したものをご用意しました。

英検の新しい合否判定方法と推測

2級の合格率

下の表は2010年度と2011年度の第、第二回試験の英検2級受験状況です。
これを見ると、一次試験の合格率は30%弱程度で、二次試験の方は82%程度ということになり、対志願者でみると25%となり、2級になると難しくなってきます。

受付数 一次試験 二次試験
年度 志願者 一次免除者 実受験者 合格者 合格率(%) 実受験者 合格者 合格率(%) 対志願者合格率(%)
2011年度
第1回
110,158 5,649 100,934 29,486 29.2 33,652 27,562 81.9 25.0
2011年度
第2回
83,964 4,867 76,109 21,377 28.1 24,806 20,393 82.2 24.3
2010年度
合計
305,960 15,999 279,400 82,763 29.6 94,181 76,218 80.9 24.9

 

下の表は、英検2級の学生受験者の人数と合格率です。2級は高校卒業レベルなので、高校生が多いですが、合格率は、なんと小学生が最も高い値になっています。

小学生 中学生 高校生 高専生 短大生 大学生 専修・各種 その他学生 合計
志願者 1,676 6,895 73,678 363 1,165 6,677 2,026 1,543 94,023
合格者 709 1,657 16,804 68 313 2,441 453 479 22,924
合格率 42.30% 24.03% 22.81% 18.73% 26.87% 36.56% 22.36% 31.04% 24.38%

 

英検2級の学習教材

英検の教材は、いろいろなメーカーから販売されていますが、本屋に行ってもネットで調べても旺文社の教材が多いです。
昔から圧倒的なシェアを持ってるのが旺文社です。
最近では、旺文社のベストセラーをネット教材に仕立てた英検ネットドリルといったインターネットを利用したものも人気があります。
特に、3級以上のレベルの受験者に非常に人気が高く、2014年のバージョンアップで2次試験の過去問や全国模試が追加されたので、まさにオールインワン、英検対策は英検ネットドリルだけで事足りるでしょう。

過去問題集

短期集中用の練習問題や総合問題集

単語と熟語

2次試験対策

旺文社の英検2級問題集を全部見る


このページの先頭へ