英検合格点・合格ライン

英検対策の定番、合格の為の[旺文社] 英検ネットドリル

合格率90%以上 対応範囲(準1級~5級)好評販売中

図解解説で中身をチェック

無料体験・購入はこちら 


2016年度のCSEスコア導入に伴い英検の合格基準の考え方が変わりました。

合格基準(最新版)を見る


英検のポイントとなる日程をはじめ、ちょっとした便利なことを発信しています。
皆様、「英ちょ」をフォローして下さいね!


英検の新しい合格基準はこちらに掲載しました。
以降の内容 ↓ は、2016年度以前に実施された英検合格基準ですので、参考までにご覧ください。
お間違い無いようにお願いします。

英検の合格点は何点くらいだろうか?

受験者にとっての一番関心は、何点とれば合格できるのか? これについては英検の公式サイトのQAにも記載されていますが、まとめると次のようになります。

新たに英検4級と5級にスピーキングテストが追加されましたが、実際は別試験扱いになるので合格基準は変わりません。

英検4級5級スピーキングテストまとめ

2015年度までの合格の目安

英検1次試験

  • 英検1級が満点の70%前後
  • 英検準1級が満点の70%前後
  • 英検2級が満点の60%前後
  • 英検準2級が満点の60%前後
  • 英検3級が満点の60%前後
  • 英検4級が満点の60%前後
  • 英検5級が満点の60%前後

英検2次試験

2次試験の合格点比率は、満点の60%前後になります。

英検1次試験合格点数の目安

1次試験の合格点割合を実際の合格得点に直して見ると以下のような数値(合格点数)になります。

1次試験の合格点目安

  • 英検1級の合格点は113点中80点前後
  • 英検準1級の合格点は99点中70点前後
  • 英検2級の合格点は75点中45点前後
  • 英検準2級の合格点は75点中45点前後
  • 英検3級の合格点は65点中40点前後
  • 英検4級の合格点は65点中40点前後
  • 英検5級の合格点は50点中30点前後

英検一次試験の配点を見る

2016年度第一回検定から英検2級の合格点の基準が変わります。
日本英語検定協会からのレターによると、配点という概念が無くなり、CSEスコアをもとに合否を判定するようです。

英検2級の合格点について(日本英語検定協会からのレター)

1次試験合格点の推移

実際の過去英検合格点の推移を調べてみると、先ほどの合格点目安の妥当性が検証できます。過去英検合格点の推移は下の表のようになります。
級ごとに見ると開催年度により、多少のバラツキがあるくらいでほとんど平均しているのがわかると思います。したがって、前述の合格点の目安が正しいということが確認できました。

開催年度・回 1級 準1級 2級 準2級 3級 4級 5級
2011年 第3回 80 71 44 44 40 38 29
2012年 第2回 81 69 45 41 39 38 30
2012年 第3回 81 71 46 44 39 40 31
2013年 第1回 78 68 46 44 40 38 29
2013年 第2回 78 70 45 43 40 38 30
2013年 第3回 78 67 44 44 40 40 31
2014年 第1回 78 68 44 42 41 38 28
2014年 第2回 80 71 45 43 40 37 28
2014年 第3回 77 65 44 45 39 39 29
2015年 第1回 83 73 46 47 38 38 29
2015年 第2回 85 73 47 45 40 38 30
2015年 第3回 82 70 49 46 39 40 31

2014年 第三回の試験は、英検1級、準1級が過去最低の合格点になっています。少し難しかったようです。
2015年 第一回の試験は、英検1級、準1級、準2級が過去最高の合格点になっています。

学生の1次試験合格率

英検は小学生から大学生、主婦や会社員などいろいろな人が、さまざまなレベルを受験しますが、下の表は学生別に各レベルの合格率を出して見ました。
面白い結果になっています。なんと、2級、準2級、3級の合格率を見ると、小学生が一番高いのです。
学校 1級 準1級 2級 準2級 3級 4級 5級 合計
志願者 志願者 志願者 志願者 志願者 志願者 志願者 志願者
合格者 合格者 合格者 合格者 合格者 合格者 合格者 合格者
小学生 55 577 1,676 2,346 5,205 13,042 23,631 46,532
6 125 709 1,197 2,924 7,888 19,666 32,515
10.9% 21.7% 42.3% 51.0% 56.2% 60.5% 83.2% 69.9%
中学生 405 1,546 6,895 40,796 128,110 94,597 45,635 317,984
64 418 1,657 14,099 70,547 71,283 39,508 197,576
15.8% 27.0% 24.0% 34.6% 55.1% 75.4% 86.6% 62.1%
高校生 801 6,311 73,678 101,056 55,593 8,330 1,962 247,731
126 773 16,804 34,253 23,297 4,008 1,374 80,635
15.7% 12.2% 22.8% 33.9% 41.9% 48.1% 70.0% 32.5%
高専生 6 39 363 536 234 32 18 1,228
1 4 68 209 118 12 12 424
16.7% 10.3% 18.7% 39.0% 50.4% 37.5% 66.7% 34.5%
短大生 7 123 1,165 544 320 6 5 2,170
0 10 313 206 130 5 2 666
0.0% 8.1% 26.9% 37.9% 40.6% 83.3% 40.0% 30.7%
大学生 1,087 4,462 6,677 1,533 419 62 37 14,277
112 745 2,441 678 204 47 36 4,263
10.3% 16.7% 36.6% 44.2% 48.7% 75.8% 97.3% 29.9%
専修・各種 38 397 2,026 1,909 1,142 141 80 5,733
1 46 453 696 560 74 37 1,867
2.6% 11.6% 22.4% 36.5% 49.0% 52.5% 46.3% 32.6%
その他学生 291 875 1,543 1,761 1,788 1,056 880 8,194
41 172 479 608 839 672 703 3,514
14.1% 19.7% 31.0% 34.5% 46.9% 63.6% 79.9% 42.9%
合計 2,690 14,330 94,023 150,481 192,811 117,266 72,248 643,849
351 2,293 22,924 51,946 98,619 83,989 61,338 321,460
13.0% 16.0% 24.4% 34.5% 51.1% 71.6% 84.9% 49.9%

 

英検合格への最短学習教材

旺文社の英検ベストセラー教材がネット教材の英検ネットドリルとしてブラッシュアップ!英検ネットドリルはインターネットを使った最新鋭英検対策教材なので、英検の勉強に飽きることなく、勉強を楽しく効率的に学習できるのでとても人気のある英検対策用の学習教材です。

英検ネットドリルは非常に効率的に学習できるので短期間で英検合格ラインにたどり着くことができます。

対象クラスは、準1級、2級、準2級、3級、4級、5級の6クラスになります。
英検1級につきましてはとても残念なのですが対象外になっています。


2014年9月のバージョンアップで2次試験過去問にも対応しました。
英検ネットドリルのバージョンアップ内容


英検ネットドリルは紙の教材ではありません。購入しなければ内容がわかりませんので、動画と実際の画面のを流れを英検ネットドリル専用サイト「もっと知りたい英検ネットドリル」で図解解説しました。

英検ネットドリル専用解説サイト
ここだけの話!購入する前に見るサイトをコンセプトにした英検ネットドリル解説サイトです。


このページの先頭へ