英検受験手順のまとめ

ここでは、英検を受けるための手順を「個人でのお申込み」だけに絞って、お申し込みから合格発表まで、順を追って簡潔にまとめています。もっと詳しい情報がほしい場合は公式サイトでご確認ください。


1.お申し込み

申し込み方法は、インターネット、コンビニ、特約書店のうちのどれかをチョイスする。
このサイトをご覧いただいてる方は、PCやスマホをお使いですからインターネットでの申し込みが便利だと思います。
検定料のお支払いはクレジットカード、コンビニ、郵便局のATMになっているので、クレジットカード以外でのお支払いの場合は、そこに足を運ばなくてはならないので、コンビニで一気に済ませた方が得策かもしれません。

インターネット

インターネットで申し込むためには、まず、「英ナビ!」の会員になる必要があります。「英ナビ!」の会員IDは、ツイッターやFACEBOOKのIDを使うこともできます。

英検の申し込みには、「英ナビ!」で英検のIDを取得し、英検サイトにて英検の申し込みを行います。文章にすると、すごく手間がかかりそうで、ちょっとわかりずらいですが、画面の指示通りに入力していけば、問題なく申し込みができると思います。
もちろん、直接英検の申し込みができるほうがわかりやすいとは思いますが・・・。

入力項目は、級の選択、1次試験免除者の申し込み、支払方法、カードの場合はカード情報、希望受験地となっています。

コンビニ

ローソン・ミニストップ・セブン–イレブン・ファミリーマート・サークルK・サンクスの情報端末機を使って申し込みます。お支払はそのままコンビニで行えるので、インターネットのクレジット決済ができない場合は、コンビニがお手軽でしょう。

特約書店

お申込みできるのは、特約書店だけで、すべての書店がとり扱っているわけではありません。
特約書店は、申込受付期間中に英検のポスターを掲示しています。
手順は、特約書店で「願書」受け取って「検定料」を支払い、特約書店から受け取った「書店払込証書」と記入済みの「願書」を専用封筒に入れて、協会へ郵送するといった昔ながらの方法です。
注意しなければいけないのが、願書の記入ミスや書類の入れ忘れや入れ間違い、それと、郵送のため英検の受付期間が少し短くなることです。

2.受験票受け取り

お申し込みが完了すると、試験日の1週間前までに受験票が到着します。
送られた受験票に、1級から3級までの受験者は、必ず写真を受験票に貼付します。

*英検公式サイトでは、1次受験票と表現されていますが、4級、5級は2次試験が無いのでここでは単に受験票と表現しています。

3.1次試験

受験票に記載された試験会場に指定時間に集合します。
当日の持ち物は、本人確認票・一次受験票、身分証明書、HB黒の鉛筆(シャープペンシル可)、消しゴム、上履き(※土足厳禁会場は必携)、腕時計(携帯電話での代用不可)

4.解答速報

おおよそ試験翌月曜日午後に公式サイトで閲覧できるようになっています。
問題冊子は持ち帰ることができるので、解答速報を見て答え合わせができます。

5.合格点発表

1次試験の合格点は級ごとに見れば開催年度回数によって大きな差異はありませんが、合格発表の前に合格点の発表があります。
CSEスコアの導入に当たり、2016年度より合格点発表は廃止されました。

合格点・合格ラインについて

6.1次試験合否結果・成績表の閲覧

結果が郵送される1週間ほど前に、公式サイトで合否結果と成績表の閲覧ができます。

7.1次試験合格発表(郵送)

一次試験の結果は、二次試験の一週間前までに到着します。
1から3級の合格者には2次試験があります。4、5級はここで終了です。
送付の内容は以下のとおりです。

合格者 不合格者
1級・準1級受験者 1次試験個人成績表
2次受験票
1次試験個人成績表
2級・準2級 1次試験個人成績表
2次受験票
1次試験個人成績表
3級 1次試験個人成績表
2次受験票
1次試験個人成績表
4級 個人成績表
合格証書
個人成績表
5級 個人成績表
合格証書
個人成績表

 

8.2次試験

2次試験受験票に記載された試験会場に指定時間に集合します。

9.2次試験合否結果・成績表の閲覧

2次試験後、10日後くらいに、公式サイトで合否結果と成績表の閲覧ができます。

10.2次試験合格発表(郵送)

2次試験後、約3週間以内に合格通知が到着します。

1から3級の合格者
「個人成績表」「合格証書」「合格証明書」

1から3級の不合格者
「2次試験 個人成績表」のみ

これらの関連する日程は、英検日程のところで一元化しておりますので参考にしてください。


このページの先頭へ