英検の新しい合否判定方法と推測

合否に関して、受験生にとってとても気になることだと思います。
今までは、何点以上で合格ということで単純明快だったわけですが、CSEスコアが使われることでややこしい話になっています。

CSEスコアを使った新しい合否判定方法について、もう少し詳しく見ていきましょう。

下記のソース↓ 日本英語検定協会

2016年度からの新しい合否判定方法について

2016年度から実用英語技能検定の合否は英検CSEスコアを用いて判定いたします。今までの、得点を足し合わせた結果での合否判定方法とは異なり、技能別にスコアを算出し、合否を判定いたします。
このように英検CSE スコアを導入することで、これまでは異なる級や回の点数を比較することができませんでしたが、絶対指標であ るスコアで、英語力を客観的に比較することが可能になります。

・一次試験では、受験者の解答情報をもとに統計的手法で算出された各技能のスコアを合算し、その合算した スコアが合格基準スコアを超えていれば合格と判定いたします。技能ごとに合格基準スコアは設けず、各技能のスコアを合算したスコアのみで合否を判定いたします。

・二次試験では、受験者の解答情報をもとに統計的手法で算出されたスピーキングのスコアが合格基準スコアを 超えていれば合格と判定いたします。

2015年度までとの相違点

技能ごとにスコアを均等に配分します

2015 年度までは技能ごとに問題数や配点が異なっていたため、技能ごとの重要性に差がありましたが、2016年度からは問題数に関係なく、各技能にスコアを均等に配分しますので、より技能のバランスが重要になりま す。
【図1参照】

合格基準スコアを固定します

合格基準につきまして、2015 年度までの合格点は回次ごとに変動しましたが、2016 年度からの合格基準スコアは固定となります。
なお、合格基準スコアは過去の英検のテスト結果より算出しています。
【表1参照】

正答率による合格目安の提示・自己採点によるスコアの算出はできません

2015年度までは、得点の合計で合否を判定していたため、合格に必要な正答率の目安(1級と準1級は7割程度、2 級以下は 6 割程度)を提示することができました。しかしながら 2016年度以降は、スコアの取得率(各級満点スコアに対する取得率)と問題の正答率が必ずしも一致しないため、正答率の目安を提示することはできません。
例えば、正答率が同じ場合でも、技能別の解答情報により合計スコアが異なってきます。
またスコアは全受験者の解答情報を統計的手法を用いて算出するので、受験者の皆さまがご自身でスコアを算出することはできません。

各級の難易度に変更はありません

難易度に関しましては、弊協会では統計的分析手法を用いて、回次毎に確認しております。2016年度以降も、これまでと同様の難易度です。

図① 準1 級一次試験の場合

変更点

2015年度までの準1級では、配点が低いライティングが0点であっても他の技能の得点が高ければ
合格する可能性がありましたが、2016年度以降は各技能均等にスコアが配分されるので、
下記の具体例及び表①の通り、不合格となります。

(具体例)

2015年度以前

(R)51/51+(L)34/34+(W)0/14=85/99 (≒86% 合格の目安7割を超えているので合格)
*上記のケースを2016年度に当てはめると・・・

2016年度以降

(R)750/750+(L)750/750 +(W)0/750=1500/2250 (合格基準スコア1792を下回るので不合格)

表① 各級の合格基準スコア

変更点2

上記のソース↑ 日本英語検定協会

新しい合否判定方法のポイント

如何ですか!新しい合否判定の方法はお分かりになりましたでしょうか?

一番のポイントは、技能ごとにスコアを均等にすることです。
以前は、リーディングの得点に占める割合が多い反面、ライティングの得点に占める割合が少なかったため、ライティングが不得意でも他がよけれな合格できる可能性が高かったけれど、新しい合否判定では、3技能全てが出来ないと合格の可能性が低くなるということです。

ここからは、推測になります

一次試験の合格点発表がなくなり、さらに自分自身で合否の確認が出来ないといった表現になっていますが、「技能ごとにスコアを均等にする」ということですから合格の目安はたてられるのでないかと思います。
「技能ごとにスコアを均等にする」ということは、「技能ごとの合計得点数は同じですよ」ということになります。また、「合格基準スコアを固定します」ということですから、以前の合格ライン、」たとえば、英検1級、準1級なら満点の70%、2級以下なら満点の60%が完全になくなるとは考えにくいと思います。

コメントは受け付けていません。

Sponsored Link


このページの先頭へ