英検の人気と志願者数

英検志願者数の推移

検定試験の人気度をはかる指標は、志願者数になります。
そういう意味では、英検、漢検やTOEICは非常に人気が高い検定試験です。
どれくらい英検に人気があるのか? 英語という意味でTOEICの方もよせて表にまとめてみました。
下の表は、英検、TOEIC共に公式サイトの統計情報を基に調査した結果です。
なんと英検、TOEIC共に、志願者数は年間200万人を超えていて、英語への関心の高さが伺えます。

開催年度 英検志願者数 TOEIC志願者数
2010年度合計 2,298,281 1,780,000
2011年度合計 2,299,426 2,270,000
2012年度合計 2,319,398 2,304,000
2013年度合計 2,355,718 2,361,000

グラフで見ると、英検の志願者が年々増えているのがわかります。
英検の人気が年々あがっているということですね。

sigannsya

英検志願者数の推移【NEW】

現在(2016年9月)公式サイト上の志願者数 > 当該ページサイト上記の志願者数 になっています。
これは、公式サイト上で発表されている志願者数が、純粋に英検だけではなく、英検Jrなど英検ファミリー全体の志願者に変更された為です。

実施年度 小学校以下 中学・高等学校(高専含む) 大学(短大・専修学校含む) その他 合計
2015年度 356,774 2,470,708 66,393 331,483 3,225,358
2014年度 332,790 1,929,979 62,837 309,797 2,635,403
2013年度 327,580 1,951,164 69,133 309,167 2,657,044
2012年度 310,642 1,853,908 70,516 310,238 2,545,304
2011年度 300,335 1,830,157 83,750 297,490 2,511,732

級別の人気(志願者数)の推移

英検全体の人気(志願者数)があがっていますが、はたして級別ではどんな推移をしているのでしょうか? 表でまとめてみますと、3級、準2級、2級の志願者数が増えているのがわかります。

2010年度 2011年度 2012年度 2013年度
1級 26,476 25,999 26,518 26,454
準1級 73,471 71,024 69,431 72,346
2級 305,960 302,803 309,496 318,133
準2級 487,987 495,817 506,255 526,715
3級 646,732 653,871 654,931 657,833
4級 449,223 441,287 443,988 444,473
5級 308,432 308,625 308,779 309,764

このページの先頭へ